シンガポールのロボアドバイザー StashAwayのハイリスクポートフォリオの中身

Money

先日、StashAwayでハイリスクなポートフォリオを利用する記事を書いたのですが、今回は具体的にどんな銘柄が組み込まれているかを紹介していきたいと思います。

SRI 22%の場合

シンガポールのロボアドバイザーStashAwayを使って資産運用するで紹介したポートフォリオがこちらのポートフォリオです。

SRI(StashAway Risk Index)22%は口座開設時に開設できるリスク許容度では最もリスクの高いポートフォリオです。

2020年のパフォーマンス(2020年12月31日時点)は、

  • 入金額 29,600 SGD

に対して、

  • 評価額 33,666.32 SGD(+ 4,066.32 SGD)

でした。

SRI 26%の場合

このポートフォリオは30%とほぼアセットの種類が同じでFix Incomeの割合を減らしたかったので、持っていないのですが、シミュレーション上は

  • Equity Sectors (US) 55%
  • Commodities 20%
  • Fixed Income 12%
  • International Equities 12%

のような保有割合でポートフォリオを組んでいるようでした。

おそらく銘柄も以下のSRI 30%の場合と変わらないと思われます。

SRI 30%の場合

SRI 36%の場合

所感

定番なETFを中心に、リスクに応じて組み合わせている感じですね。
中国のテクノロジー企業を中心にしたETF($KWEB)は初めてしりました。
2020年はものすごいパフォーマンスだったのですが、2021年に入ってからは低迷しており、全体のパフォーマンスを引っ張ってしまっています。
今後に期待です。。
また、もし長らくパフォーマンスが低迷している場合、StashAwayのアルゴリズムにしたがってリバランスが行われるのかどうかも見ものです。

Twitterにも投稿したのですが、SRI 30%のポートフォリオが今の所一番パフォーマンスが良いです。やはり米国株強しということでしょうか。。。

まとめ

StashAwayのハイリスクポートフォリオの中身を紹介しました。
ロボアドバイザーはリスクに応じたETFの売買を自動的に行ってくれるので、自分のような初心者にとっては重宝しています。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました